★ アラスカ・フェアバンクス発 北極圏 感動体験! ★

SKYSCAPE PHOTOBOOK オーロラ 』(誠文堂新光社)のフォトグラファー、河内牧栄がご案内

2020年3月15日(日)〜3月20日(金)催行、北極圏オーロラツアー

催行決定!残席あり。

自然 が含まれている画像

自動的に生成された説明

氷上より臨むブルックス山脈とオーロラ

半月付近から新月へと向かう、月明かりが雪山(アメリカ最北のブルックス山脈)や

スノーモンスター(風雪で雪の怪物のようになった針葉樹たち)と

オーロラを絶妙のバランスで撮影していただくことができる他に類を見ないツアーです。防寒具レンタル無料サービス付き!

 

 

 〜 旅程 〜

3/15(日)

フェアバンクス市内、夕方4〜5時ピックアップ。弊社ロッジのオーロラ鑑賞専用デッキより、時間にとらわれず、朝まで自由にオーロラハンティングをお楽しみください。ロッジ泊。

夕食付。

3/16(月)

朝食後、ロッジを出発。エリオットハイウェイ、ダルトンハイウェイを北上、完全結氷したユーコン川、北緯66度33分に位置する北極圏境界線を越えてブルックス山脈南麓の集落コールドフットへ。夕食後、ハイウェイを北上し、雪山の荘厳な眺めの中でオーロラ鑑賞に臨みます。オーロラ鑑賞後、宿に戻り就寝。

コールドフット泊。

朝食、昼食、夕食付

3/17(火)

遅い朝食(ブランチ)後、宿を出発。ダルトンハイウェイを北上し山脈の最深部のデイドライブへ。白銀のブルックス山脈を堪能します。ドライブ後一旦宿へ戻ります。夕食後、再びハイウェイを北上し、ブルックス山脈の絶景を背景にオーロラ鑑賞に臨みます。コールドフット泊

朝食(ブランチ)、夕食、軽食付き

3/18(水)

遅い朝食後(ブランチ)宿を出発。ダルトンハイウェイを南下、ユーコン川へ。

ユーコン河畔の宿に泊まります。夕食後、ドライブし、スノーモンスターが見られるポイントへ。スノーモンスターとオーロラの競演を臨むことができるロケーションで、オーロラ鑑賞に臨みます。ユーコン河畔の宿泊。

朝食(ブランチ)、夕食、軽食付き

3/19(木)

遅い朝食後(ブランチ)、宿を出発。ダルトンハイウェイを南下、フェアバンクス方面へ。弊社オーロラロッジのオーロラ鑑賞専用デッキより、時間にとらわれず、朝まで自由にオーロラハンティングをお楽しみにください。弊社ロッジ泊。

朝食(ブランチ)、夕食、軽食付き

3/20(金)

遅い朝食後、フェアバンクス市内へ。パイプラインビューポイント、アラスカ大学博物館、ストアーに立ち寄り、夕方市内ホテルにてドロップオフ。

朝食(ブランチ)、スナック付き。

≪本ツアーにご参加いただくために≫

● 日本からの航空券について

※弊社北極圏ツアーはフェアバンクス発着です。フェアバンクスまでの往復航空券はお客様にてご用意ください。

 現在、日本とフェアバンクスを結ぶ空の便はシアトル経由が一般的ですが、ロス経由などもございます。

詳しくは、航空券取り扱いの各旅行代理店にお尋ねくださいますようお願いいたします。

※本ツアーにご参加いただくためには、フェアバンクスにはツアー前日、3/14(土)にご到着されるか、ツアー当日、3/15(日)の夕方4時台に遅くともご到着する便をご手配ください。帰路は、ツアー最終日3/20深夜の便、もしくは、翌日3/21(日)にフェアバンクスを発たれる便をご用意ください。

ツアー終了日の3/20(金)にフェアバンクスをご出発しなくてはならない場合、夜11時以降出発の便をご用意ください。ツアー終了日のフェアバンクス市内到着は、午後4前後になる予定ですが、悪天候による路面状況の悪化など様々な事情により、思わぬ遅延が生じる可能性があることをあらかじめご承知置き下さい。

● ツアー前後のフェアバンクスでのご宿泊について

※ツアーのスムーズな運行のためには初日のピックアップ時間をなるべく短くすることがベターです。フェアバンクス市内の宿については、ダウンタウンの宿をご利用いただくお願いをしております。

エアーB&Bは辺鄙なところにあったり、オーナーが不在であったり、宿と直接連絡できない等の不便が多く、ツアーのスムーズな運行に支障を来たす恐れがあるため、本ツアーご参加のお客様にはご遠慮願っております。

≪ツアー料金のお支払いについて≫ 

2020年3月15日発「5泊6日、北極圏オーロラツアー」の料金は、お一人$350です

料金のお支払い方法は、@銀行からの国際送金、または、Aクレジットカードのご利用が可能です。

詳しくは、ツアー資料でご案内させていただきます。

◎ツアー代金に含まれるもの:ツアー中の全食事。ソフトドリンク、ホットドリンク、スナック類。宿、日本語ドライバー兼ガイド。

◎無料サービス:防寒具(パーカー、スノーパンツ、スノーブーツの三点セット)。

★お気軽にお問い合わせください。詳しい資料をお送りさせていただきます。

※上記旅程は2019年11月現在のもので、多少変更になる場合もございます。

本ツアーのイメージ写真

コールドフットのオーロラ

IMG_0403_500ブルックス山脈上空に昇った月とオーロラ

IMG_1306_500

ブルックス山脈とオーロラ

DSCF9785_500

夜空を焦がすオーロラとブルックス

DSC_9868_500

北極圏のサンセット

ブルックス山脈、午前3時のオーロラ

IMG_1311_500

ブルックス山脈から立ち昇る天の川

IMG_0408_500

天頂より降り注ぐオーロラ

ブルックス山脈を縦貫するダルトンハイウェイ

DSC_9817_500

ブルックス山脈南麓で冬を越すカリブーたち

日没直後に現れたオーロラ

ダルトンハイウェイの主役と言えば、そうトラックです。

結氷した川の上から望むブルックス山脈

書籍案内 河内牧栄写真集 SKYSCAPE PHOTOBOOK オーロラ (誠文堂新光社刊☆好評発売中)

skyscape_photobook_aurora

河内牧栄著 『 愉快!痛快!アラスカ暮らし 』 (誠文堂新光社刊)も好評発売中です。

★ 本ツアーに関する注意事項 ★

※ 各日の時間配分は天候や道路状況により変更が生じる場合があります。

※ 北極圏スペシャルツアーはリピーターの方には割引があります(ホッキョクグマ観察ツアーは除く)。

  また、北極圏スペシャルに一度ご参加された方のご紹介でご参加される方にも割引があります。

  割引きは、弊社に直接お申し込みいただいたお客様に限り有効とさせていただきます。

※ その他、ご不明な点、ご質問などがございましたらどうぞご遠慮なくお問い合わせください。

 

★ 米国、およびアラスカ州の法律に則った信頼と安全の両立、及び、充実したツアーを目指す仕事への取り組み ★

※ 弊社は、ダルトンハイウェイにおけるツアー業務にあたり、アラスカ州より営業許可を得ており、米国管轄地、アラスカ州管轄地において、ツアーを催行するために必要な法的手続き、また必要な保険を完備し、それらを毎年更新しております。

日本在住の日本人カメラマンやガイドなどによるレンタカー等を使用した不法ツアーが報告されております。ご注意ください。

  それらの人々が旅行者から金銭を授受し、米国内において営業行為をすることは、米国の法律を犯した違法行為です。)

※ 弊社ツアー及び車両は、米国及びアラスカ州の法律に準拠したビジネス保険に登録し、米国及びアラスカ州より正式に認可を得たガイドが皆様をご案内させていただきます。

※ 弊社オリジナル北極圏オーロラツアーは、フェアバンクス発着のツアーで、各回2〜5名、または5名限定の少人数制です。

※ 電話回線がなく携帯の電波も届かない場所ですが、緊急時の連絡手段として、衛星電話を携行し、車載無線機も装備しております。

※ 地球温暖化の特に著しい場所として注目を集める北極圏。近い将来、大きく変わってしまうかもしれないと危惧されている北極圏の懐

に深く入り込み、そこに暮らす人の生活に触れ、貴重な自然のありのままの姿を見つめ、感じ、発見する旅です。

※ 極北の自然に対してばかりでなく、先住民とのクジラ猟や猟舟作り、自給自足する仲間との野生動物の解体など共同作業を通じ、

アラスカの北極圏という特別なフィールドに20年もこだわり続け、自らも、フェアバンクス郊外の水道や電気の来ていない原野で、

森の開墾、家造りなどを実践しながら暮らしているネイチャーガイド兼写真家、河内牧栄だからこそご案内できる旅です。

 

 

Arctic Wilderness Adventure & Photography

ネイチャー イメージ

PO BOX 10306 Fairbanks Alaska 99710 U.S.A.

Phone (907)322-5393 / No Fax

E-mail  info@natureimage-alaska.com

© 2019-2020 NATURE IMAGE All rights reserved

     本サイトの写真の著作権はすべて河内牧栄及び弊社に帰属します。